ペット葬儀で大切な家族を見送る〜心の喪失感を埋めるお手伝い〜

Dog

ペット供養の在り方

飼っていたペットの葬儀を行う方法について

Cat

亡くなったペットの遺骸を自治体の動物遺骸回収サービスに引き渡してしまうのは嫌だと考える人が少なくありません。自治体の動物遺骸回収サービスを利用した場合、同じ日に回収された他のペットの遺骸と全部まとめて火葬されることになりますので、遺骨を返してもらうことができません。また、火葬の場に立ち会えるわけでもありませんから、実際にどのような方法で火葬されているのか不安になってしまう人が多いです。真偽のほどは定かではありませんが、一般ゴミに混ぜて焼却処分に付す自治体もあるという話ですので、嫌だと感じる飼い主が出てくるのが当然です。そのような場合に重宝できるのが、ペット葬儀業者のサービスです。ペット葬儀業者の心当たりが全くないという人が多いですが、インターネットを利用すれば比較的簡単にペット葬儀業者の情報を集めることができます。

ペット葬儀業者が人気を呼んでいる理由について

近年、ペット葬儀業者を利用する人が増加してきていますが、なぜそんなに人気を呼んでいるのかというと、亡くなったペットの遺骨を手元に残しておけるというメリットがあるためです。もちろん、飼い主の中にはペットの遺骨の引き取りを希望しない飼い主も存在します。そのような場合も、ペット葬儀業者が用意している合同納骨所などに納骨してもらうことができますので、供養に欠けてしまう心配がありません。少なくとも、自治体の動物遺骸回収サービスを利用する場合に比べれば、きちんと供養することができたという満足感を得ることができます。一方、最愛のペットの遺骨を手元に残しておきたいという希望を持っている人にとっては、ペット葬儀業者の個別火葬サービスはなくてはならないサービスになっています。返してもらった遺骨をどのような形で供養するかは人それぞれですが、亡くなってしまったペットの存在をいつまでも身近に感じ続けていられるようになります。